合コンエピソード

エリートとの合コンの行く末は・・・

20代も後半になってくると、同姓の未婚の子たちとの結束が固くなってきます

 

 

若い頃には張り合ってしまっていた友人たちともうまく情報提供して、同僚や知り合い、自分とうまくいかなかったグループとか(笑)を紹介し合ったりしています。

 

合コンもみんなけっこうな回数してきているので、うまく循環すればいいかなと思うので。

 

 

そんなわけで、ある日友人から合コンの誘いがありました。

 

正確には友人の友人です。その女の子はいわゆるエリートで、職場の男性を紹介してくれるというので、浮き足立っていました。

 

はっきり言って、こういうことがなければ普段知り合うチャンスなどない、話をするこもないであろうエリートなのです。

 

 

場所は、個室の居酒屋。3人対3人の合コンです。

 

さすがけっこういい雰囲気のお店で、着くなり今日はいい感じなんて浮かれていました。

 

男性陣3人はみんな見た目も悪くないし、話しの内容も落ち着いていて面白いし、こちらを楽しませてくれて、とても楽しい時間を過ごしました。あー、頭がいい人ってこんな感じなのかなと思ったりしていました。

 

 

あっという間に時間が過ぎて、これからどうする?と思ったのですが、男性陣みんな帰ってしまいました。

 

「じゃ!」って感じでさわやかに・・・。

 

連絡先も聞かれず、二次会もなく、こんなにすっぱり脈なし宣言されたことに唖然としました。

 

(20代後半 女性)


このページの先頭へ戻る